今回は元ある床に新しい床を張る「重ね張り」をします。
費用を最小限にして床を新しく、重ねてフローリングを張っていきます。
重ね張りは、工期が短く、工事の時に騒音も少ないです。

リフォーム前


市松模様のフローリングですが、少々黒ずんでいる所もあります。

人の往来が激しいのでフローリングが傷みやすいです。



床に合わせてフローリングをカットして1枚目を貼った状態です。

あとはこのまま貼っていく感じです。

リフォーム後


リフォーム後の玄関です。重ね張りしているなんて分かりませんよね。

床のリフォームには、重ね張りと張り替えの大きく2つがあります。
新しい床に張り替えるのと比べると、重ね張りは廃材が出ず、張替えに比べて安価にできます。
また、撤去に出る騒音も出ず、工期も短く済ませることができます。