家は長年の時間とものに変化しリフォーム費用は増大!
いつかリ何とかしなければと思いながらも、つい後回しにしがちです。
お得な制度も視野に入れ、ぜひ実現しましょう!

資金に余裕を持って満足リフォームを

リフォームするとなると、気になるところが増えるもの。
予算がいくらあっても足りないと思われがちですが、限られた予算の中で優先順位を把握することで、生活の不満などが明らかになるものです。
注意していただきたいのは、リフォーム予算がないからと、見積もり金額だけで依頼先を決めないことです。
同じ工事内容でも、導入する仕上げ材のグレードや設備機器の違いによって金額が大きく変わります。
どこまでの工事が含まれているか、漏れがないかなども確認しておきましょう。

リフォームの佳建(よしけん)では、築11~30年がリフォーム件数の半分以上が占めております。

大がかりなリフォームは国の制度などを利用できる

また大がかりなリフォームを行う場合は、費用の一部が戻ってくる補助金制度が利用できます。
ただ、どんなリフォームでも優遇制度が受けられるわけではなく、補助金制度では「耐震」「省エネ」「バリアフリー」「長期優良住宅化」「同居対応」といったリフォーム内容に限られます。
そのほか補助金制度もあり、「長期優良リフォーム補助金制度」などがあります。
国の制度だけでなく、地方自治体にもさまざまな補助金制度が設けられています。
いずれも工事内容や募集期間など、細かい条件が設定されているので、利用したい場合は、工事前からリフォーム業者に相談するのはもちろん、みずから必要な書類や申告期限もチェックしておくことをおすすめします。

築年数を経るごとに老朽化が進み、住まいが抱える問題は大きくなります。住まいは日々の生活を司り、人生の基盤となる場所。快適かつ健康に人生を過ごすためにも、リフォームを含めたこれからの暮らしを考えておきたいですね。