毎日のように朝の洗顔や日中の手洗い、入浴時の衣類の脱ぎ着など洗面所はご家族が頻繁に利用する場所です。
だからこそ、常に快適な空間を保ちたいものです。
しかし、洗面脱衣所というのは、水回りの設備があるため汚れやカビの発生などさまざまな問題も多い場所でもあります。
そんな洗面所を長く快適に保つために、どのような壁紙を選べばよいのでしょうかとお悩みになると思います。
ここでは、洗面所に適した壁紙の選び方について紹介します。

なんで水回りで壁紙が重要なのか!?

洗面脱衣所は他の水回りと同じく、湿気が非常にこもりやすく汚れやカビが生えやすい場所です。
ほとんどの場合、洗面所が脱衣所とセットになっていることが多いので、浴室からの湿気が来るため、長い時間、湿気に覆われています。

浴室の換気扇をつけたり窓を開けたりということを行っていても、自然とカビが生えてしまうということも少なくありません。
また、浴室に窓や換気扇がない場合もあり十分に換気ができないなんてこともあります。
一度カビが生えるとお手入れ掃除が、非常に大変になるので、できる限りカビを発生さないよう壁紙の選択が重要になります。

浴室に洗濯機を設置している方もおられると思いますが、洗剤が飛び散たりして壁紙が汚れたり、
毎朝、洗面所で歯磨きや洗顔をするため水も飛び散り、壁紙にかかったりします。
そのため防カビ耐性のある壁紙や汚れに強い壁紙と2つの機能を持った壁紙を選ぶのがオススメです。
カビが生えにくく、汚れがついてもお手入れしやすいものを選ぶようにしましょう。