リフォームを成功させるには、タイミングが大切です。時期や目的、予算など考慮し、効率的でよいリフォームを行いましょう。

リフォームをする目的は大きく分けて2つ

1つ目は、「ご自宅のメンテナンスのためのリフォーム」です。
家を健康に保つための時期の目安には、部位ごとに「耐用年数」があります。
一般的に、水まわりなら15年程度、外壁塗装なら10年など。
だいたいこのぐらいの時期を目安に適切なリフォームをなさることで、大掛かりな工事をすることなく、家の寿命を延ばすことができます。

もう1つは、「暮らしにあわせたリフォーム」。時間の経過とともに変化するライフスタイルに合わせて、2世帯住宅や子育てに適した家などにリフォームする場合です。

暮らしにあわせたリフォームは、メンテナンスと併せて行う

暮らしにあわせたリフォームは、子どもの誕生や独立などによる家族構成の変化や2世帯同居、定年退職など、
人生の大きな節目に行うことが多くあります。
こうしたことを考慮しながら、5年先、10年先、20年先と暮らしのシーンを想定し、必要になりそうなリフォームに合わせて予算を割り振ってみましょう。
この時、メンテナンスのためのリフォームと、暮らしにあわせるリフォームを同じ時に行うようにすれば、費用も手間も無駄のないリフォームをすることができます。

メンテナンスのためのリフォームは早めの計画を

まずは、現在の家の状況を正確に知っておくことが大切です。
引渡し時の保証期間、施工材料や工法などを把握し、これまでに修理・修繕などを行った場所があればその履歴をまとめておくといいでしょう。
メンテナンスの時期は、立地条件や自然環境、家の形状や構造によって違うので、保証期間が先でも、不安や疑問があったらリフォーム会社に相談してみましょう。
生活に欠かせない場所は壊れてからリフォームを考えるのでは不便なので、できれば一歩早めに手を入れておくことがリフォームを賢く行うポイントです。