長岡京向日市 リフォームのよしけん 地元地域密着工務店

キッチンを何とかしたい方は、こうすれば理想のキッチンが手に入る!

  • HOME »
  • キッチンを何とかしたい方は、こうすれば理想のキッチンが手に入る!

あなたは、今の最新型システムキッチンをみられたことがありますか?

機能、収納、デザインなど10年前と全く違います。
10年以上前のキッチンは、引き出しタイプのキッチンがほとんどでした
収納も少ないうえに、キッチンの上には、
収納しきれなかった調理器具や調味料が
常に置かれているため、見た目が悪く常に汚く見える

いざ料理をしようと思って鍋やフライパンなど調理に
必要なものが、すぐに取り出せないうえに、重ねて鍋やフライパンなどを
収納しているため、真ん中のフライパンや鍋を取ろうとしたら、
ガシャンって上に乗っていた、フライパンや鍋が、床に散乱してしまう。

そのような

キッチンの汚い見た目や、使い勝手の悪さのイライラから解放されませんか?

あなたの理想のキッチンを手にするためには、まず紙に不満を書くこと!

必ず、どんなキッチンにも、不満はあります。
その不満を全部、紙に書くことです。
これは、必ず書いてください。
そうしないとあなたの理想のキッチンを
手にすることが出来ません。
めんどくさがらずに書いてみましょう!

紙に書くことで
今のキッチンの不満が明確になます。

(例)

紙に書くこと! 

今のキッチンの不満 リフォーム後のキッチン
収納が少ない 十分な収納スペースが欲しい
床が冷たく寒い あたたかく快適にしたい
掃除がしにくい 簡単に掃除がしたい
お皿洗いが大変 食洗器を付けたい

などいろいろあると思います。
それが、終わったら優先順位
つけていきます。
この作業も重要ですので
必ず行ってください。

優先順位をつける! 

今のキッチンの不満 リフォーム後のキッチン 優先順位
収納が少ない 十分な収納スペースが欲しい 1番
床が冷たく寒い  あたたかく快適にしたい 4番
掃除がしにくい 簡単に掃除がしたい 2番
お皿洗いが大変  食洗器を付けたい 3番

こうすることで、システムキッチンを
探すときや、ショールームなどに
見に行った際に、ショールームの
担当者の案内などもスムーズになり
すばやく理想のキッチンを見つけることが出来ます。

キッチンの高さに注意すること!

いくら理想のキッチンを見つけても
あなたの高さに合っていないと
なんの意味もないです。
高さの合っていないキッチンは
かえって健康を害するだけです。

高さの合っていないキッチン

キッチンをあなたの最適な高さにすると
疲れにくく、快適にするためには
適切な高さを選ぶことがとても大切です。

最適なキッチンの高さの目安は?

各キッチンメーカーの主な高さは、80cm、85cm、90cmの3種類がほとんどです。
理想のキッチンを快適な高さは「あなたの身長÷2+5cm」です。
この方程式は、あなたのキッチンの理想の高さの目安です。

キッチン高さを確認


コンロとシンクのどちらの高さ基準にするかも大事です。
コンロが丁度良い高さならば、シンクはほんの少し低く感じてしまうことがあると思います。
コンロの方が力を使うことが多いです。
高かったり、低かったりすると調理しずらいこともあるので、
コンロを基準に高さを決めた方がよいです。
出来ることなら、ショールームなどで
必ず、キッチンの前に立って作業しやすいか確認してください。

キッチンでの移動距離を短くなるように考える!

キッチンにある冷蔵庫やシンク、コンロといった物の移動距離を
なるべく短くすることを念頭に置きましょう。
キッチンを移動する距離を線で表したのが【動線】といいます。

この動線が短ければ短いほど、作業効率は良くなります。
例えば、収納エリアと調理場を隣に設置すれば、
食材や食器の取り出しに移動することもなくなり、
その分、作業効率上がり調理がスムーズにできるようになります。
キッチンのレイアウトを考える時には、普段の調理方法などを思い出して、
動線に沿って物を配置していくといいでしょう。

収納と調理スペースは余裕をもって!

調理器具や調味料が置かれたキッチンだと、作業効率は大幅に下がります。
そこで重要なのが、広くてしまいやすい収納と調理スペースです。
最近のシステムキッチンは、限られたスペースの中で、
出来るだけ多くのモノを収納できるように、多くの工夫がなされてます。
引き出し式のフロアキャビネットなど、使いやすく収納グッズも多数用意されています。

あなたがガスかIHで悩んでいるなら、IHしたほうがいい!

快適なキッチンを手に入れる場合には、ガスではなく
IHクッキングヒーターのほうがいいです。
IHのデメリットとして、あぶり料理が出来ないと
おっしゃる方がおられるのですが、
オーブンで何とかなったりします。

掃除の面でもガスに比べてIHのほうが楽です。
ガスは五徳というものがあり掃除が面倒です。
IHは、表面が平らなので、布で簡単に掃除することが出来ます。

IHコンロは、万が一、壊れた際にも交換は非常に簡単で工事費が安いです。
IHからIHの交換は資格がいらないので。
DIYで交換してしまう人もいるぐらいです。
ガスコンロの場合は、ガス取り扱いの資格持った人に交換して
もらわないといけないので交換費用が高くなってしまいます。

お客様専用ダイヤル  お気軽にお問い合わせください TEL 075-958-6878 受付時間 9:00~20:00 【土日・祝日もOK】

リフォームのコツ

リフォームのコツ




PAGETOP
TOPに戻る