長岡京向日市 リフォームのよしけん 地元地域密着工務店

ショールームをうまく活用するコツ

  • HOME »
  • ショールームをうまく活用するコツ

お住まいの現状をもう1度確認しよう

お客様に家の現状把握しやすいように
ご家族でご相談をなされて紙に書いていくことが重要です。
そうすることによってなんとなくの不満や問題点が紙に書くことによって
より明確になります。

次は番号を付けていこう

このとき建具や建材の色やデザインは優先順位からなるべく後の方に持っていただきたいのですが、
これはなぜかと申しますと、色やデザインは、それぞれ各メーカーには、
かなりのカラーバリエーションや種類がございます。
よほど特殊な建具や建材で、ない限りは大丈夫です。

イメージ写真などを用意する

本やインタネット、カタログなどでなるべくイメージするリフォームに近い物を
時間をかけてゆっくりと探してみてください。

言葉だけでは伝えらいないようなことも一杯ありますので、
イメージ写真とかあると非常に相手に伝えやすくなります。

ショールームにいこう

「商品の購入を強引にすすめられるのでは?」と不安に思う方もいらっしゃるかもしれせんが、
ショールームでは、実際に商品触れたり、体験する場所であり商品の購入はできません。
この時、必ずショールーム行かれる際は、上記で説明しました。紙と家の図面を持っていくことお忘れなく。
家の図面がなければ部屋の写真と大きさを測っていただいて
ショールームを予約していかれることを強くおすすめします。

なぜ?っと思われた方もいるとは思いますが、予約せずにショールームに行きますと
せっかくの1日が無駄になってしまう可能性があります。
予約をして抱くことによって担当者が付きますので、その方にいろいろ説明などを受けることが出来ます。

これを予約せずに行きますと担当者が付かず、ただただ商品を見て帰るなんてことがありますので、
せっかくのお休みがパァにならないよう予約していただきたいのです。

実際に体験、触れてみよう

ショールームには、いろいろな商品が置かれており、体験することが可能です。
このとき、その商品を実際に体験してください。

わかりやすい例でいえば

  1. 例えば、トイレ
    実際に座ってみるということをオススメしております。
    座ってみて少し高いととか、便座少し大きいとかいろいろあります。
    実際に座ってみることでカタログだけではわからいことがあります。
  2. 例えば、お風呂
    実際に体を洗う場所と湯船の中に入ってみてください。
    浴槽の底が2段になっている形状などさまざまあります。
    これも体験していただくことでカタログとかでは絶対にわからないことがあります。

ここで気に入ったもの、もしくは、希望するイメージがあれば、
その場で、商品の空間画像なんかも作ってもらうことが出来、充実した1日が送れると思います。

お客様専用ダイヤル  お気軽にお問い合わせください TEL 075-958-6878 受付時間 9:00~20:00 【土日・祝日もOK】

リフォームのコツ

リフォームのコツ
PAGETOP
TOPに戻る